アメリカ生活

アメリカ在住者が調べた、買えるもの/買えないもの徹底解説!

  • アメリカでの生活が始まろうとしているけど、持ち物は何を持っていけばいいの?
  • アメリカでは何が買えるのだろう?
  • アメリカに日本の食品は売っているの?

今回は上記のような疑問にお答えします。

28歳会社員社畜の私は縁があって、現在アメリカにて語学留学8か月目です。

アメリカ生活を通して、アメリカで買えるので日本から持ってくる必要のなかったものや、手に入らないので持ってこれば良かった持ち物などがわかるようになってきました。

このような情報が乏しかったので、現地で私が実際に目にしたものを基に、紹介していきます。

アメリカでも同金額で買えるもの

残念ながら日本で買える商品が日本と同等また安く買えるものは少ないかもしれません。下記の商品はアメリカで見つけた、日本でもおなじみのものになります。

お米

アジアンマーケットに行けばほぼ同等金額で手に入れることが出来ます!

むしろアメリカで生産された日本米であれば、日本で購入するより安い気がします!こちらの画像のものは私がいつも愛用しているお米になります。

1LB(ポンド)は約0.45kgなので、約6.8kgでだいたい1200円~2000円で購入できます。

アメリカ産のお菓子・飲料水類

アメリカのウォルマートやスーパーなどで、簡単に下記のお菓子類や、飲料水類を購入する事ができます。

  • プリングルス
  • オレオ
  • コーラ
  • スプライト
  • レッドブル

ビール or ワイン(酒類)

ビールやワイン(アジアンマーケットやハリスティータで、アサヒやキリンなどのビールが9~10ドル(6本入りの小瓶)で買えます!

アメリカ産のBudLiteというビールは1本あたり0.5ドルで買うことができます。

 アメリカで買えるけど高い物(1.5倍から3倍)

私はNC州の田舎の町に住んでいますが、車を1時間ほど走らせれば、大小のアジアンマーケットに行くことができす。そこへ月に一度行き、一か月分の日本の食品を購入しています。

日本産のお菓子類

大きなアジアンマーケットに行けば、定番の日本のお菓子を購入する事ができます。しかし、だいたいのお菓子が日本で買う2倍~3倍くらいはします。

稀に大量の仕入れの関係で、セールになっていることもありましたが、日本と同等の金額で買えたことはありませんでした。

お茶やジュースなどの飲料水

上記の写真はHマート撮影したものですが、

おーいお茶500mlで2.49ドル、1.5Lで4.99ドルです。

午後の紅茶のミルクティーは1.5Lで5.99ドルで販売していました!すごく飲みたいですが、さすがに日本での金額と比較すると手が出にくい価格でした。

調味料各種・カレールーやソース類

上記の画像のように日本食に欠かせないほんだしや、便利なしょうがチューブやわさびなども買うことができます。

今回写真はありませんが、マヨネーズやラー油、酒、みりん、酢などなんでも購入できます。

カレールーやとんかつソース焼き肉のたれなども販売されています。なめ茸漬の金額の高さには非常に驚きました。

納豆や梅干しなど

Hマートでは冷凍ですが、多様な種類のな納豆がたくさん販売されていました!

また、梅干しや沢庵なども購入する事ができました。

その他

  • 化粧品(化粧水なども種類が豊富ではないですが、Hマートで売っていました!)
  • シャンプー等(Hマートでは日本の物も一部売ってました。)
  • 男性整髪料(ギャツビーのワックスが販売されていました。)
  • 衣服のコロコロ(リントローラーでウォルマートで手に入れることができます。)

あまり多くありませんが、上記のようなもの少しは買うことができます。

しかし、化粧品のようにこだわりのもがある場合は日本から持ってくるのが良いかもしれません。

ここからは、アメリカでもなかなか手に入れることが出来ないものを紹介していきます。

アメリカで中々買えないもの

洋服類

こだわりのブランドがあれば、先に下調べしていく必要があると思います。私は特に洋服類のブランドにこだわりはなかったのですが、

困ったのが、自分に合うサイズが中々見つからなかったことです。

私は28歳170cm、65kgの男性で、日本では主にMサイズの服を着ていたのですが、アメリカではSまたはXSサイズの服になります。Sサイズでも丈が長いためブランドによっては丈が合わないなどがあり、私は中々希望の服に巡り合えていません。ですので、今回こちらに入れさせていただきました。

折り畳み傘

ネットで調べているとあるようなのですが、私は売っているのを見かけません。

そもそもですが、土砂降りくらいの雨でなければ、アメリカ人は傘をさす人が少ないです。そういった背景が関係しているかもしれません。

洗濯ネット

アメリカの洗濯機は日本のものと比べて超強力な印象です。

割と簡単に服がだめになってしまうので、洗濯ネットがある方が良いかと思います。洗濯ネットをウォルマートで1、2アイテム程陳列されているのを見かけましたが、1枚約3ドルする上にかなり小さいです。

日本の100均で大量に購入していくのがコスパが良いと思います!

体を洗うタオル

くるくると丸まっているタイプのものはよく見かけるのですが、背中まで届くタイプの長いタオルは見かけたことがありません。

その他

その他には、下記のような製品もあまり見かけませんが、探せば購入する事ができるようです。しかしこれらの製品も日本で購入するよりかは高いです。

代用はきくものばかりですが、持ってきても良いアイテムかもしれません。

  • 洗顔ネット(泡立てる為のネットは中々売ってないと思います。)
  • さいばし
  • しゃもじ
  • ポカリの粉

売っているのも見たことがないもの

ウェイパー

覇王というものが売っているみたいなのですが、全然味が違うみたいですね。

水出し緑茶パック

Green Teaで売っているんですが、ペットボトルにいれて、振るだけの簡単なのは売ってないです。水出し緑茶パックを持ってくるのがおすすめだと思います。

トイレの便座シート

アメリカのトイレはウォッシュレットはもちろんのこと、トイレの便座を温めるような機能はありません。冬場は便座が冷たいので、使い捨てのものや、洗えるものを用意しておくと良いかもしれません。

カイロ

売っている場所はあるようなのですが、私は見たことがありません。貼るタイプのは間違いなくないそうです。

寒い地域に行く方は必須だと思いますが、夏場はあらゆる室内がすごくさむくなるので、冷え性の方はこちらも持ってればよいかもしれません。

駄菓子類

お土産でアメリカ人にあげたらすごく喜んでくれた、うまい棒などの駄菓子はアメリカで見かけたことがありません。

チョコパイ

おまけになりますが、私が大好きなロッテのチョコパイです。

中の白い部分がマシュマロタイプのものはよく見かけるのですが、クリームタイプのものをアメリカで見たことはありませんでした。

番外編:これから海外移住する人向けおススメアイテム

以上のことから、ほとんどの食材や消耗品は手に入るかと思います。

おまけにはなりますが、私が独断と偏見で考えた、これからの移住者向けのおすすめアイテムを紹介いたします。私も実際に使用していたものですので、参考にして頂ければ幸いです^^

炊飯器

アメリカでも炊飯器(Rice Cooker)を買うことができるのですが、マイコンタイプのものが多いです。

20~50ドルくらいで買える安価なものも多いですが、アメリカのお米は日本のお米とは若干違うので、安価な炊飯器では保温機能が優れていない&ふっくらとしたご飯にならないことが多いです。

私の場合、アメリカの外食があまり口には合いませんでした。日本食が恋しくなり、炊き込みご飯などの日本食を作ることが多かった経験から、炊飯器は日本から良いもの持っていくことをおススメします。

特におすすめなのが、私も使用していた土鍋型のIHタイプの NW-KB10-WZ 象印 炎舞炊き です。

電圧に関してですが、

アメリカの電圧は120v(ボルト) 60hz

日本の電圧は100v(ボルト)50~60hz

アメリカのほうが日本より20v(ボルト)電圧が高いですが、カナダやヨーロッパ諸国では220V に比べると電圧が近いので、

日本製品であれば変圧器がなくても使用できます。

差込口に関しても、Aタイプで同じですので、コンセントに挿して使用することができます。

以上のことから、土鍋型のIHタイプの NW-KB10-WZ 象印 炎舞炊き がとてもおススメです。

【新品・在庫あり】NW-KB10-WZ ●象印 炎舞炊き [雪白] (NW-KB10)【送料無料!(沖縄・離島は除く)】【smtb-u】【kk9n0d18p】

価格:70,800円
(2020/3/22 13:51時点)
感想(0件)

携帯ウォッシュレット

その次におススメなのが、私が愛用していた携帯ウォッシュレットです。

アメリカでは、家庭のトイレにもウォッシュレットが備え付けられていません。

私の様におなかが弱い方は、携帯ウォッシュレットを購入していくと重宝すると思います。

パナソニックハンディトワレは持ち運びタイプのおしり洗浄器ですが、備え付けの付属品でペットボトルをつけることができますので、大容量の水で洗浄することが可能です。

充電不要の電池タイプで、アメリカで市販されている電池を使用する事ができます。私は基本的にトイレの横に置いておきました。その他にもショートトリップの際や様々な場面で使用できるので、かなり重宝したアイテムでした。

パナソニック Panasonic DL-P300-K(ブラック) ハンディトワレ スリム 携帯用おしり洗浄器 DLP300K

価格:7,043円
(2020/3/18 18:18時点)
感想(2件)

電子辞書

最後のおすすめ商品が「電子辞書」になります。

Google翻訳などの充実で、必要ないと囁かれてはいますが、サクサクと検索できる事を考慮すると一つあると便利で重宝します。

コンパクトで英語機能が充実しているものを選ぶと良いと思います。

カシオ 電子辞書 エクスワード 英語モデル こちらは英語重視の電子辞書になりますので、これ一つあればアメリカ生活で活躍すると思います。

カシオ 電子辞書 エクスワード 英語モデルXD-CV900

価格:19,940円
(2020/3/18 23:32時点)
感想(0件)

最後に

いかがでしたでしょうか?

何が買えるのか、何が買えないのかを知っているだけで、ぐんと持ち物選びが楽になるのではないでしょうか?

皆さんのそれぞれの事情と照らし合わせて、移住のスタートダッシュを切って貰えれば幸いです。

ABOUT ME
TEAM SUN
★YUI★ 8歳から英語を学んだバイリンガル。21歳の頃アフリカ・タンザニアに単独で渡航し、1年間女性の社会進出支援の活動をしていました。 ★RYO★ 学生時代に15ヵ国以上の海外バックパッカーした経験あり。1年間アメリカで語学留学した後、アメリカに赴任していました。