アメリカ生活

アメリカのばらまき土産は?トレジョ(trader joe’s)で全部解決!?

アメリカ旅行に来たけれど、ばらまき土産は何を買えばいいの?旅行の貴重な時間をあまり使いたくないし・・・

28歳会社員男性の私は現在、アメリカ赴任中です。

アメリカに友人が遊びに来てくれた際に、お土産を選ぶのを手伝った経験から、このような疑問に答えていけたらと思います。

アメリカのばらまき土産は全部トレジョ(trader joe’s)で解決できるの?

結論から先に言います!

ばらまき土産は全部トレジョで解決できちゃいます!

 

時間短縮が可能 お店がそこまで大きくないので、お土産選びがしやすい。
アメリカ感がある アメリカにしかないかつ、ほぼすべてがオリジナル商品
コスパ最強 オーガニックなのに値段がかなり安く、ばらまきに適している

この3点が、友人の感想も踏まえた、私の考える理由になります。それぞれ解説していきます。

時間短縮が可能

ウォルマートやターゲットのような総合型のスーパーマーケットは、お店自体が大きいので商品を探すのに時間がかかってしまうことがあります。

トレーダージョーズは基本的にお店自体は大きくないので、商品を見つける時間がかからず、時間の短縮が可能になります。

アメリカ感がある

アメリカでしか買うことができないため、知っている人は知っているという買っていくと喜ばれるお土産の類になっています。トレーダージョーズはアメリカにしかありません。アメリカならではのお土産を買うことができます。

例えばありがちなのが、M&Mや、スニッカーズなどのチョコ類をお土産でついつい買ってしまい、なんかちょっと物足りない印象になってしまうのではないでしょうか?

トレーダージョーズの商品は東京などでは一部、日本でも買うことができるようですが、基本的に、アメリカにしかなく、ほとんどの商品がトレーダージョーズのオリジナル商品になっているので、アメリカでしか買うことができないためです。

コスパ最強

ばらまきに非常に適した価格設定です。

チョコレートや、クッキーなど一つ約1ドルのものから、複数セットで数ドルのものまであります。

お土産を買ってしまうと、かさばってしまうので、最後空港でお土産を買う方が少なくないのではないでしょうか?

チョコなので、旅行の途中で立ち寄ったとしても、かさばる心配なども、防ぐことが可能です。

トレジョって?

トレーダージョーズ(Trader Joe’s)日本人からはトレジョと言われています。

1958年にロサンゼルスから始まった、アメリカのオーガニック思考のオリジナルブランドが中心に立ち並ぶ、スーパーマーケットのことです、全米で41の州に488店舗(9月22現在)あります。

おススメ商品

チョコレート

写真の商品はほんの一部で、かなりの種類のチョコレートが陳列されています。

どの商品を買ったらよいか迷うかもしれませんが、どれもおいしく日本人好みの味のチョコなので、ご自身の用途に合わせて選択していただければ問題ないと思います!

また、お菓子専用の棚のコーナーがないので、慣れていないと商品を見つけるのが難しいかもしれませんが、冷凍商品の上やレジ前などにあることが多いです。

クッキー

こちらも冷凍食品が販売している上のところにあることが多いです。

会社のオフィスなどにまとめておいとくようなどにいかがでしょうか?

UMAMI

第6の味覚といわれた旨味が商品名になっているパウダーです。

マッシュルームがもとになっているパウダーです。

私も料理に入れていて、旨味の相乗効果で料理を簡単においしくすることができます。値段も高くなく、小さいかつ、見た目のインパクトも間違いないので、お土産の一つに選んでみてはいかがでしょうか?

コスメ系

様々な人気の美容グッズがあるのですが、その中でも、ハンドクリームがおススメになります!

エコバッグ

これが大本命のお土産かもしれません!

少しかさばるので、大量に買うことができないかもしれませんが、ご家族や親しい友人などへのお土産に適しているかなと思います。私は次回の一時帰国の際にこれを持って帰ろうと思ってます!

クーラーバッグも丈夫でおしゃれなので、おススメです!

その他にも様々な種類のエコバッグがあります。

どれも大体レジ前にあるので、最後の購入するときに一緒に手に取れば問題ないと思います!

おそらくエコバッグを買う際は、エコバッグに消費を入れてもいいのかと聞かれると思いますので、もしトレジョの紙バッグが欲しい場合は、このエコバッグはギフト用って伝えれば、紙袋に入れてもらえるとおもいますので、「Gift!」というようにしてください。

その他

その他にもビールやワイン、コーヒーやシリアル、スパイス系など様々な商品があります。

コスパ面や、ばらまき具合や重量の点を踏まえるとあまりお土産には適してないかもしれませんが、どれも現地在住者にとっては貴重でおススメです!

デメリット

デメリットというほどでもないのですが、アメリカ全土に店舗はあるのですが、、主に中心部にないこともあります。

田舎の地域に行った際は、車が必要になってくることがあります。

以前私が住んでいた町にはトレーダージョーズがなかったので、車で1時間半ほど運転する必要がありました。旅行で行かれる際は基本的には都心部が多くなるかと思いますので、問題はすくないかとおもいますが、

お土産を買うために、車で往復3時間走らせる必要が出てくるとなると、そもそものコンセプトとずれてきてしまい、もとも子もなくなると思いますので、その場合は近くのスーパーで購入を検討される方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

旅行に行った際に、ご家族やご友人、職場の方などへのお土産を用意する必要があると思います。

かくいう私も、旅行に行った際はいつもお土産問題には困っているので、少しでもみなさんの旅行より良いものになれば幸いです!

ABOUT ME
TEAM SUN
★YUI★ 8歳から英語を学んだバイリンガル。21歳の頃アフリカ・タンザニアに単独で渡航し、1年間女性の社会進出支援の活動をしていました。 ★RYO★ 学生時代に15ヵ国以上の海外バックパッカーした経験あり。1年間アメリカで語学留学した後、アメリカに赴任していました。